台  風
 
<台風と高潮>
 
 台風災害のうち各地に大きな災害をもたらすもののひとつに、高潮があります。
高潮とは、台風などによる激しい気圧の低下や強風によって、潮位が異常に上昇
する現象です。
海面は、常に空気の重さ(気圧)によって上から押さえつけられていますが、台風が
接近すると、台風の中心付近では気圧が低いため上から押さえつけられる力が
周囲より小さくなり、そのぶん海面が上昇します。
気圧が1ヘクトパスカル下がると海面は1cm上昇します。
これを、「吸い上げ効果」といいます。
 しかし、大きな災害をもたらす高潮は高さが2〜3mもあり、これだけではその高さ
を説明できません。
これに加えて大きな影響を与えるのは、台風の強風による「吹き寄せ」です。
この「吸い上げ効果」と「吹き寄せ効果」が重なって高い高潮が発生するのです。
 
 
― 台風にそなえて ―
台風の接近は、台風情報によって十分に知ることができます。
また、危険を感じたら、早めの避難が大切です。
 
上五島消防本部TOPページへ 1つ前のページへ 1つ次のページへ