出血の応急手当(止血法)
 
 外傷などにより血管が傷つけられると「出血」が起こりますが、傷つけられた血管
の種類によって出血の状態も異なります。

 動脈からの出血は鮮紅色で、心臓の拍動に合わせて噴水のようにほとばしり、自然に
止まることは少なく、放って置くと短時間に多量の血液が失われます。

私達の体内には体重の1/13〜1/14の血液があり、体重60sの人の全血量は約5(リットル)
と考えられます。このうちの1/3(約1.6(リットル))を失うと生命が危険な状態になります。

 したがって多量出血、持続する出血があるときは直ちに適切な「止血法」を行わな
ければなりません。
 
止血法には「直接圧迫法」「止血帯法」などがあります。
 
直接圧迫法
 
  まず最初に試みる方法で、清潔なガーゼやハンカチなどで傷口を強く圧迫します。
片手で圧迫しても効果が無い場合は、両手
で体重をかけながら圧迫します。
 
手足の場合、圧迫と同時に傷口を心臓より
高く保つと効果的です。
また感染を防ぐためゴム手袋やビニール袋
などを手にかぶせて直接「血液」に触れな
いよう注意して下さい。
 
止血帯法
 
 直接圧迫法で十分に血が止まらない場合、傷口より心臓に近い部分を
包帯又は帯状のもので強くしばって止血を図ります。
 
・しばる部分に当て布をあて止血帯を
 をゆるく結んで棒を入れます。

・次に血が止まるまで棒を静かに回し
 て行きます。

・止血帯に針金や細いひもを用いると
 皮膚や筋肉などを傷つけるおそれが
 あるので幅の広いものを使うように
 します。
 
 
・血が止まったら棒が戻らないように
 別の包帯などで固定します。

・最後に止血帯をかけた時刻を記録し
 誰が見ても分かる様にして置きます。
                      
・もし30分以上止血帯をする場合は、
 30分に1回止血帯をゆるめ、血液
 が流れるようにします。
                      
・ゆるめる場合は、しばってある部分
 の皮膚が赤みを帯び、傷口から血液
 がにじみ出る程度とします。
 
上五島消防本部TOPページへ 1つ前のページへ 1つ次のページへ