胸骨圧迫位置
 
成人(思春期15歳程度以降)
  上半身の体重が手の付け根に
かかるように、指先を上げ胸骨を
少なくとも5cm圧迫する。
少なくとも100回/分のリズムで行う。
両肘を曲げずに垂直に圧迫する。
 
 
小児(1歳〜思春期)
乳児(1歳未満)
児の胸の厚さの約3分の1くぼむ
まで、片手の付け根の部分で胸骨
の下半分を圧迫する。回数は大人
と同じ少なくとも100回/分のリズム
で行う。
左右の乳頭を結ぶ線から指1本
幅分足側を、中指と薬指の2本で、
児の胸の厚さ約3分の1くぼむ
まで圧迫する。
回数は、少なくとも100回/分。
人工呼吸は口対口鼻または、
口対鼻で行なう。
 
上五島消防本部TOPページへ 1つ前のページへ