熱中症(ねっちゅうしょう)
 
熱中症とは
 
 炎天下あるいは、高温、多湿下の屋内外での運動又は作業中などで起こり体温
上昇を伴わない「日射病」と体温上昇を伴う「熱射病」に分類されます。
 
日射病
 
原 因
暑い日に戸外で長い時間運動したときなどに見られます。脳の体温中枢
(体温を平熱に保つところ)は、皮膚の血管を開いて体温を下げようとし
ますが、汗で水分が減っていることなどにより、血流量が足りなくなって
起こると言われています。

症 状
@ 体温は、正常または低下
A 頭痛、めまい
B 皮膚は、蒼白、冷汗
C 筋肉のけいれんはなし
D 血圧は、時間経過により低下(脳貧血状態)
E 脈は、微弱で速い(頻脈)
                           
    などが見られ、ひどい場合は意識を失うこともあります。
 
<応急手当>
 
一刻も早く涼しい場所へ移して寝かせます。
次に、衣服をゆるめ足側を高くします。
  (足側を20〜30cm高くする)
意識があれば水(または食塩水)
を飲ませる。
 
扇風機で冷やすか、冷房の効いた部屋に
移して寝かせます。
 
熱射病
 
原 因
炎天下でなくても、非常に暑い所で働いたり、スポーツをしたりしている
ときに起こります。

駐車中の車に放置されて起こる子供の死亡事故なども、代表的なもの
です。

症 状
@ 非常に高い体温(40℃以上になることが多い)
A 皮膚は、赤く、熱く乾燥(不十分な発汗)
B 頭痛、けいれん、意識状態の悪化
C 血圧低下、脈が速く強い、呼吸が速い
D 喉の渇き、はき気、おう吐

                  などが見られます。
 
<応急手当>
 
・一刻も早く涼しい場所に移動させ、すぐに救急車を要請します。
 
・身体を冷やします。
 身体を冷やすには、服を脱がせ、水を浸したガーゼやタオルを身体に乗せ扇風機
 やうちわ等であおぐ
のが最も効果的です。また、「氷のう」を、くび、わきの下、足の
 つけね(そけい部)
などに当て、救急車を待つ合間も体温をさげるように努めます。
 
<熱中症の予防の要点>
 

1. 頭やくび部分に直接、直射日光が当たらないように帽子をかぶりましょう。
2. 直射日光に当たる時間を短かくしましょう。
3. 事前に十分な水分をとりましょう。
4. 高温多湿の環境下で労働やスポーツをする場合、水分とともに塩分
   を十分にとりましょう。(水500mに食塩茶さじ1杯の食塩水)
5. 各個人にあったトレーニング計画をたてましょう。
6. 乳幼児や心疾患を持つ老人、などは、温熱ストレスに弱いので注意しましょう。

 
上五島消防本部TOPページへ 1つ前のページへ 1つ次のページへ