骨折の応急手当
 
 一般的に「骨折」している部分は出血や組織が傷つけられることによって腫れること
が多く、また骨折部が動くによって痛みが起こります。

手足など皮膚に傷がなくても「変形」「腫れ」が見られる場合は骨折しているものと
して手当てをします。また変形などがなくても「動かすと異常に痛がる」場合も骨折が
あるものとして対応します。


骨折に対する応急手当と目的は

 骨折した部分が動くことによって起こる二次的な損傷の防止と苦痛を和らげるため
「固 定」を行い、「安 静」を保つことです。
 
固定方法の例
 
上腕部の骨折 前腕部の骨折
当て木を肩から指先まで当て
三角布などで固定し、右の図
の様に吊下げます。
当て木を上腕から指先まで当
て同じ様に固定、吊下げます。
当て木がなければ、週刊誌などの「雑誌」
 や「ダンボール」を利用します。

 
大腿部の骨折
  
内側と外側に当て木を当て、骨折
した足を挟むようにして、三角布
などで固定します。
 この場合、外側の当て木は「胸
から足関節まで」の長さのものを
用います。

 (なければ2本をつなぎ合わせる
など  工夫して下さい。)
 
下腿部の骨折
 
    
 
※ 固定の範囲は原則として骨折部の両端の関節までを含めて行います。
                       (2関節固定)

  骨折端が皮膚から飛び出している場合、出血があれば清潔なガーゼなどを
  厚めに当て包帯をします。(止血と感染を防ぐため)

  また、飛び出た骨端は無理に戻さないことも大切です。
 
上五島消防本部TOPページへ 1つ前のページへ 1つ次のページへ