小学校の教室には、子供たちが近くの海辺で捕らえた小魚や海草などを、
海水を入れた大型水槽で飼育していた。

 水槽には照明と水温維持のため、電気を利用した設備が施されている。
小魚は子供たちに負けないほどの元気よさで、水面上に飛びはねる。
 その水しぶきが電気のコンセントにくり返しかかっていた・・・。

 ある朝、水槽のコンセントから出た炎は、教室一室を焼く火災となった。
あわれ小魚たちも、煮魚になった姿で水槽に浮かんでいた――。
 
 
上五島消防本部TOPページへ 1つ前のページへ 1つ次のページへ
火事・通信−トラッキング現象ページへ 魚が犯人−電気火災 電気火災ページへ