救急概要
 
平成 救急出動件数 794件  −49件
 (27年比)
28年 救急搬送人員 764人  −46人
 (27年比)
 平成28年中の救急出動件数は、794件で前年の過去最高件数843件から49件の減少となりました。月平均の出動件数は66.2件となっています。

 搬送人員は764人で、その内65歳以上の搬送が551人、約72%と最も高い割合となっています。

 出動件数を事故種別ごとに見ると、急病が最も多く全体の約68%を占めています。
 
※その他とは、水難事故、労働災害、運動競技、加害、自損行為、転院搬送などです。 

救急出動件数及び救急搬送人員の比較

救急出動件数及び救急搬送人員の平成26年・27年・28年の比較 

火災事故

自然災害

水難事故

交通事故

労働災害

運動競技

一般負傷

加害

自損行為

急病

その他

26年

709

2

 

29

110

464

86

685

 

30

7

1

107

2

449

82

27年

843

1

 

2

25

3

6

140

1

10

565

90

810

1

 

1

33

5

138

1

7

536

85

28年

794

 

28

3

6

139

1

538

70

764

 

1

31

6

137

1

517

64

上五島消防本部TOPページへ 1つ前のページへ 1つ次のページへ