車両紹介
 
現在保有している全車両を紹介します。
 
調査広報車(本署)
予防査察、火災調査等に使用。
車内にテーブル、照明などを備え
火災原因調査用の資機材を積載。
 
査察車(本署)
予防査察、火災調査、事務
連絡等に使用している。
 
指揮車(支署)
予防査察、火災調査、事務
連絡等に使用している。
防災指揮車(本署)
指揮本部車として活用。
四輪駆動車で山火事等の悪路の
走行が可能で、前部には電動の
ウインチを搭載。
 
救助工作車(本署)
照明装置の他、破壊器具など
の救助資機材が積載され、
救命策発射銃も備えている。
 
水槽付ポンプ自動車(タンク車)(本署)
0.6t水槽が積載されており、CAFSシステム
により、専用の薬剤を使用することで水を
泡に変え放水することができ、前タンク車
(2.0t水槽)5台分の消火性能を有している。
 
水槽付ポンプ自動車(タンク車)(支署)
1.5t水槽が積載され、耐熱服、
インパルス消火銃、エンジン
カッターなどを積載。
 
消防ポンプ自動車(CD-U型)(本署)
環境を汚染しないようオイルが
出ない無給油式の真空ポンプ
使用。発泡器、チェンソーなど
積載。また、ホースカーは収納
式になっている。
 
消防ポンプ自動車(CD-U型)(支署)
環境を汚染しないようオイルが出
ない無給油式の真空ポンプ使用。
インパルス消火銃、発泡器、チェ
ンソー、エンジンカッターなど
積載。
 
 
支援車(本署)
災害活動の後方支援及び救護活動のための
支援車でエアーテント他救助用資器材を積載。
高規格救急自動車(本署)
心電図伝送装置や自動心
マッサージ器搭載。
 
高規格救急自動車(支署)
4WS装置がついており、後
輪もハンドル操作によって左
右に動くため、狭い道路でも
楽に通行できる。
 
2B型救急自動車(本署・救急分遺隊)
防振ベッドを使用し傷病者
に負担がかからないような
工夫がなされている。
また、自動心マッサージ器
を搭載。
 
2B型救急自動車(支署)
防振ベッドを使用し傷病者
に負担がかからないような
工夫がなされている。
また、自動心マッサージ器
を搭載。
 
上五島消防本部TOPページへ 1つ前のページへ 1つ次のページへ