消防本部の沿革
 
昭和49年 4月   上五島地域広域市町村圏組合消防本部発足
指令車1台、ポンプ車1台、救急車1台本部(奈良尾)へ配置(奈良尾出張所併設)
指令車1台、ポンプ車1台、救急車1台本署(有川)へ配置
昭和49年 4月 危険物関係事務を長崎県知事から引き継ぎ完了
昭和49年 8月 一斉指令装置完成し運用開始 事業(工事)
昭和49年10月 消防専用無線完成し運用開始 事業(工事)
昭和50年 2月 若松出張所庁舎落成
昭和50年 3月 青方出張所庁舎落成
北魚目出張所庁舎落成
昭和50年 4月 上五島地域危険物安全協会発足
昭和50年10月 若松出張所業務開始
青方出張所業務開始
北魚目出張所業務開始
昭和51年 7月 青方出張所へ救急車配置
昭和51年11月 若松出張所へ救急車配置
昭和51年 8月 若松出張所へ連絡用艇配置
昭和51年 9月 本署、若松出張所、北魚目出張所へ連絡用単車配置
昭和52年 2月 福江測候所の有線ロボット気象計青方出張所へ設置
昭和52年 4月 署所に防火相談所設置
昭和52年 6月 若松出張所、北魚目出張所待機宿舎落成
昭和52年 9月 奈良尾出張所、青方出張所へ連絡用単車配置
昭和53年 5月 奈良尾出張所、青方出張所待機宿舎落成
昭和54年 3月 消防署待機宿舎落成
昭和55年 1月 上五島地区少年婦人防火委員会発足
昭和55年 3月 本署へ救助工作車配置
昭和55年 5月 消防署庁舎増築工事完成
昭和55年 9月 本署へ水槽付消防ポンプ自動車配置
昭和57年 4月 北魚目出張所待機宿舎落成(2棟目)
昭和61年 2月 消防無線システム改善事業完成(上五島町高熨斗岳、奈良尾町遠見番嶽に中継局)
昭和62年12月 T型消防緊急情報システム完成
 
平成 6年10月 消防本部、消防署の加入電話、「下3ケタを119」で統一する
平成 6年11月 [火災多発警報]の発令基準を制定
平成 8年 3月 青方出張所へ高規格救急自動車配置(救急救命士年次計画により育成)
平成13年 1月 高度救命処置用資機材購入、青方出張所高規格救急自動車へ配備
平成13年 2月 各救急自動車に携帯電話を配備
平成13年 4月 本部・消防署(救急分遣隊を含む)・支署建設事業に着手
平成14年 3月 若松出張所へ高規格救急車配置
平成15年 3月 本部・消防署(救急分遣隊を含む)・支署落成
T型消防緊急通信指令システム完成
消防用無線通信施設完成
平成15年 4月 新組織体制で運用開始(課制を設ける)
ホームページを開設
平成16年 3月 勤務体制3部制となる 
本署へ査察車配置  若松支署へ指揮車配置
平成16年 7月 上五島地域広域市町村圏組合、構成5町合併により解散
平成16年 8月 新上五島町誕生にともない「新上五島町消防本部」「新上五島町消防署」に名称を改める。
平成17年 3月 本署へ支援車配置
平成18年 2月 携帯119直接受信対応
平成18年 3月 消防備蓄倉庫完成
平成20年 3月 本署へ高規格救急車配置
平成22年 3月 本署へポンプ車配置
上五島消防本部TOPページへ 1つ前のページへ 1つ次のページへ