■救命処置の流れ(心肺蘇生とAEDの使用)■
傷病者発生
1 反応(意識)を確認 観察
2 反応なし 処置
3 助けを呼び119通報 とAEDを依頼する。
4 呼吸をみる(普段どおりの呼吸をしているか?10秒以内)
呼吸あり 呼吸なし
 気道の確保
 応援・救急隊を待つ
 回復体位を考慮する
 4 胸骨圧迫
  ●強く(成人では少なくとも5cm・小児・乳児は胸の厚さの約1/3)
  ●速く(少なくとも100回/分)
  ●絶え間なく(中断を最小にする)
  ●圧迫の解除は胸がしっかり戻るまで行う
 5 人工呼吸(約1秒かけて胸の上りが見える程度の量を吹き込む)
  ●人工呼吸ができなかったり、ためらわれる場合は胸骨圧迫のみを続ける
 6 心肺蘇生(胸骨圧迫30回+人工呼吸2回)を繰り返す
 7 AED の装着
  ●電源を入れる
  ●電極パッドを装着する
11 繰り返す  8 心電図の解析 11 繰り返す
  ●電気ショックは必要か?
電気ショック   
必要あり
電気ショック      
必要なし
 9 電気ショック1回  10 ただちに胸骨圧迫から
 10 その後ただちに胸骨圧迫から    心肺蘇生を再開
   心肺蘇生を再開
救急隊に引き継ぐまで、または傷病者が目を開けたり
普段通りの呼吸が出現するまで続けてください。
上五島消防本部TOPページへ 1つ前のページへ 1つ次のページへ